おすすめのWi-Fiルーターは?自分に合ったWi-Fiの選び方を解説!

ネット回線

 

この記事では、Wi-Fiルーター(無線LAN)の基本的な選び方をまとめています。是非参考にしていただいてご自身にあったWi-Fiルーターを見つけてください。

 

 無線ルーター(Wi-Fiルーター)とは?

 パソコンやスマートフォン等の通信機器をインターネットに繋ぐ役割をしています。

 

Computer, Internet, Wifi, Cloud, 3D Man, 3D, Laptop

 

インターネットを契約しただけでは、有線インターネットはできても、無線インターネット(Wi-Fi)は使用できません。ノートパソコンやスマートフォンをインターネットに繋ぐためには、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を設置しなければいけないのです。

 

無線で繋ぐインターネットのことをWi-Fiと言ったりしますね。

 

無線ルーターを準備しただけではインターネットは出来ませんので、まずはインターネット回線の契約が必要です。どの回線を選んだらよいか分からない方はこちらの記事も参考にして下さい。

無線LANルーターを選ぶときに大事な3つのポイント

これから、無線ルーターを選ぶ際に見るべきポイントを3つご紹介します。「まずどこを見るべきか?」は下記の画像に赤丸がついている部分を参考にしてください。

 

① 通信速度をチェック

赤丸の部分が最高速度です。

「1300+450Mbps」と書かれていますが、この無線ルーターは5GHz(ギガヘルツ)と2.4GHz(ギガヘルツ)の帯域に対応しており、5GHz(ギガヘルツ)帯で使用した時に最大1300Mbps、2.4GHz(ギガヘルツ)帯で使用した時に最大450Mbpsの速度まで対応していますよ。という意味です。

 

 

今のネット回線は1Gbps(1000Mbps)というところが多いので、上の画像のような1300Mbps対応のものであれば間違いありませんね!

 

② 対応している帯域をチェック

先ほど5GHz(ギガヘルツ)帯と2.4GHz(ギガヘルツ)帯という話が出ておりましたが、これらは無線ルーターから飛ぶ電波の種類です。両方の帯域に対応している無線ルーターであれば「5GHz」と「2.4GHz」2つの電波が同時に飛ぶので、どちらの電波に接続するかは自分で選べます。

 

 

それぞれの帯域には特徴がありますので、そちらを解説していきます。

 

2.4GHz帯の特徴
〈短所〉
  ・電子レンジやBluetoothなど同じ周波数帯の電波が多いので電波が混在して繋がりにくい
〈長所〉
  ・壁や床などの障害物に強いので、電波が遠くまで届きやすい
5GHz帯の特徴
〈短所〉
  ・壁や床などの障害物に強いので、電波が遠くまで届きにくい
〈長所〉
  ・同じ周波数帯の電子機器がないので、電波干渉が無く繋がりやすい

基本的には5GHz帯に接続するのが良いそうですね

僕の部屋は無線ルーターがある場所から離れているので2.4GHzで接続しているよ

 

多くの機種は5GHzと2.4GHzの帯域に対応していますが、両方の帯域に対応しているかは一応確認して下いね。
③ ビームフォーミング機能をチェック
ビームフォーミングとは無線ルーターが接続する機器を見つけ出して、接続する対象機器をねらって電波を飛ばす機能のことです。
接続する機器に向かって集中して電波を飛ばすので、速度や安定性が増します

おすすめの無線ルーターをご紹介

それでは、実際におすすめの無線ルーターをご紹介していきたいと思います。

前提として、下記の条件を満たしたものの中から厳選しました。

 通信速度が300Mbps以上

 5GHzと2.4GHzの帯域に対応したもの

 ビームフォーミング機能ありのもの

 

ファミリー世帯で使用
 BUFFALOの「WSR-2533DHPL-C」がおすすめ
時期によって変動はありますが、価格は7,500円程度。安いものだと3,000円程度で購入できるので高い部類ではありますが、コスパは最高です!接続が悪いとストレスになるので、ファミリー世帯で使用するのであれば是非欲しい一台です。
 通信速度は最大1733Mbps
 
4本アンテナがいろいろな向きや角度の端末を広くカバー
 
他社商品からの中継機としても使える
1人暮らしで価格をおさえたい方
 NECの「WSR-2533DHPL-C」がおすすめ
価格は4,300円程度です。この値段で通信速度800Mbps以上、5GHzと2.4GHzの帯域に対応、ビームフォーミング機能あり。大事なポイントを抑えた非常に優秀な無線ルーターで人気も高いです。
 通信速度は最大857Mbps
 
ボタンを押すだけ!【らくらく無線スタート】
 
中継機としても使える
とにかく高性能なものが欲しい。店舗でも使える
 BUFFALOの「WSR-2533DHP3」がおすすめ
価格は一万円前後です。先ほどからあげているような条件は勿論のこと更に速度や、繋がりやすさ・安定性を求めた機能が満載です。また、ゲストポート機能という来訪者向けのポートを設定できるため家庭内のネットワークへの接続を許可しないのでセキュリティ面も安心です。
法人の方には必須の機能ですね!
 通信速度は最大1733Mbps
 
1.35GHzの高速デュアルコアCPUを搭載
 
MU-MIMO」対応でたくさん繋いでも速度が落ちにくい

まとめ

今回の記事では、みなさんがストレスなくWi-Fiを使っていただけるようにおすすめの無線ルーターをご紹介させていただきました。

最後にもう一度無線ルーター選びで大切なポイントをおさらいします。

 通信速度が300Mbps以上
 5GHzと2.4GHzの帯域に対応したもの
 ビームフォーミング機能ありのもの
私も経験がありますが、インターネットが繋がらない時って凄くストレスを感じてしまいますよね・・・
そんな負担を少しでも減らすためにも、多少値段は高くとも最低限の性能を備えた無線ルーターを購入することをおすすめします。

ご自身に合った無線ルーターを見つけて快適なWi-Fiライフにしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました